招待状の返事の書き方は?

基本的なマナー、招待状の返事の期限について

結婚式の招待状が届くと嬉しくなりますよね。
でもきっと人生に数回しか送られることのない招待状。正式なマナーを知っていますか?
お祝いの気持ちをきちんとしたマナーで届けましょう。

まず返信期限ですが、出席が決定している場合は返信は1週間以内に!
新郎新婦は結婚式の準備で大忙し。席次表や引き出物、料理を決めるのにも、ゲストの人数はなるべく早く決定したいものです。
さらにアレルギーなどがあった場合、別メニューを注文しなければなりません。
早く返信することで、「楽しみにしている」という気持ちも伝わりますよね!
逆に欠席する場合は、遅い返信がいいとされています。できれば、あらかじめ連絡をいれておくのがベター。
もちろん、返信期限は必ず守ってくださいね。

喜ばれる返信ハガキの書き方

毛筆や万年筆、もしくは黒のボールペンで書きましょう。

まず、宛先の名前の後ろにある「行」を「様」に書き直します。
書き直す際は、二重線や斜線で消してくださいね。

そして「御出席」「御欠席」「御芳名」「御住所」の「御」と「御芳」を消します。
「御出席」の「御」を「寿」で消すのも好印象です。
出席の場合は、「出席」を〇で囲んで『慶んで「出席」させていただきます』、
欠席の場合は、「欠席」を〇で囲んで『残念ながら「欠席」させていただきます』とすると、とても丁寧な印象になります。

お祝いメッセージを添えて返信をするのも、新郎新婦に喜ばれます。
あまり長くなりすぎないようにお祝いの気持ちを伝えましょう。
また「、」「。」は終止符を打つという意味になるので結婚式の招待状では句読点は打ちません。
メッセージにも句読点は打たないようにしましょう。