金額や包み方は?ご祝儀についてのマナー

披露宴のご祝儀の相場ってどれくらい?

披露宴に招かれた時、まず気になるのがご祝儀です。ご祝儀は宴席で出される食事代や引き出物に、お祝いの気持ちをこめて差し上げる物と考える事ができます。兄弟姉妹や叔父叔母などの身内をのぞくと、平均的な相場は3万円程度となっています。身内の場合はこれよりも金額が高くなる傾向があり兄弟姉妹は5万円、叔父叔母は10万円を包んだというケースが多いです。しかし出席者の年齢や住んでいる地方、新郎新婦との親しさによっても変わってくるために正解はひとつではありません。自分に無理のない範囲で、幸せな二人を応援してあげたいものです。
4万円などの偶数金額は「割れる」つまり「別れる」という意味になるために避けましょう。同じ偶数でも2万円は「ペア」の数字なので、タブーにはなりません。もし気になる場合は、1万円札と5千円札を2枚入れて3枚のお札になるようにすると良いでしょう。

ご祝儀袋の包み方はこれでOK!

結婚式の祝儀袋でまず気をつけることは、「結び切りの水引」が使われているかを確認することです。「結び切り」は1回結んだら決してほどけないようにという意味がこめられており、結婚式にふさわしいとされています。これに対して、「蝶結び」は何度でも繰り返してほしいお祝い事の時に使います。
次に大切な事は、ご祝儀の中身にふさわしい袋を選ぶことです。袋の値段の目安は、ご祝儀の100分の1とされています。3万円を包むなら、300円までの祝儀袋を選びましょう。中に入れるお札は、必ず新札を用意します。
表書きは、中央に氏名を濃い黒ではっきりと筆ペンや毛筆で書きます。中の封筒には、金額と住所氏名を必ず書いておきましょう。
封筒を上包みに戻す時、「たとう折り」という折り方で裏側の下の紙を上に重ねます。これは「喜びで上をむく」という意味合いがあります。逆にすると、不祝儀になってしまうので気をつけましょう。